会社案内

2021年3月24日
会社案内
– COMPANY –
ごあいさつ
高校卒業後、「おもしろそうだな」と軽い気持ちで大工になりたいと思い、木造入母屋造りの住宅を手掛ける棟梁に弟子入りしました。修業をしていくにつれすっかり大工の仕事に魅了され、もっと高度な寺社建築の技術を身に着けたいと強く思うようになり、どうせなら日本でもトップレベルの棟梁のもとで修業したいと思い株式会社鵤工舎(いかるがこうしゃ)の小川三夫棟梁に弟子入りし、本格的な寺社建築の修業をさせていただきました。
子供の小学校入学に合わせて地元の香川県に戻り平成22 年に牧野工務店を開業いたしました。開業後はご縁があり、出雲大社をはじめとして数多くの国指定文化財建造物の保存修理工事に参加させていただき、公共財団法人文化財建造物保存技術協会の木工技能者に認定していただきました。認定後は国指定文化財建造物保存修理の主任技術者を務めております。また令和大嘗祭の大嘗宮の建立工事にも参加させていただくことでき、心より感謝するとともに誇りに思っています。多くの寺社建築の保存修理工事や新築工事をさせていただく中で私が心がけていることは、「先人の心を後世に伝えたい」です。寺社建築は、先人の方々が美しい建物を造るため、今日に至るまで試行錯誤を繰り返して技術を磨き受け継いできました。病気や自然災害で亡くなる方が多かったと思われる古い時代の寺社の建物は、現代よりいっそう強く心の拠り所として、悲願の想いで建立されたと想像できます。トラックやクレーン等の重機の無い環境で、大きな木を山から切り出し、加工し、組み上げて寺社の建物を建立することはとても困難なことだったでしょう。それでも成し遂げられたのは、よほどの信仰心や情熱があったからこそだと思います。ですから私は古い建物の修理をさせていただく時は、その建物の姿形を後世に伝えるために確かな技術で施工するのと同時に、その建物を建立した当時の信徒様や職人の設計意図や情熱のような想いも、何十年、何百年後かの次の修理に携わる信徒様や職人に伝えることができるような修理を心がけています。

これからも、先人の心を後世に伝えることができるように技術を磨く努力を続け、仕事を通して地域社会に貢献していきたいと考えています。

牧野 泰太
×
  • 店名

    牧野工務店
  • 店主

    牧野 泰太
  • 所在地

    香川県観音寺市池之尻町301-11
  • 創業

    平成22 年
  • 建設業許可

    香川県知事 許可(般―1)第9628 号
  • 事業内容

    社寺仏閣建築 文化財修理 一般住宅の設計施工 リフォーム
工事履歴